円満退職するために

入ってみた会社が自分にあわないこともあると思います。ですがすぐに退職すると生活に影響があることは必死です。名の出上手く辞める為にはどうしたらいいのか。
次回の会社に響かない辞め方などを皆さんkんが得ると思います。今回は綺麗な辞め方の方法を考えていきましょう。

 

揉めない事が大事

退職の理由は沢山ありますが、辞めるからといいやと揉める事は絶対にダメです。その会社や人間には二度と会わなくても、その会社や人間のつながりは消せないです。

 

次の会社とつながりがあったら最悪な状況を最初から背負わないといけなくなります」。会社を辞めるに当たって大事な事はその会社や人間を恨まないことです
。貴方と会社や社内の人間が合わなかっただけで酢。たとえ相手に非があったとしてもそれを受け入れる度量が自分になかったとそこは諦めましょう。

 

無駄に揉めても結局自分が損するだけで何もいい事はないです。それよりも自分には今何が足りないのかかんが得てそこを補って二度と同じ事が起こらないようにする事の方が有意義な人生を送れるでしょう。

 

誰にも言わない

退職を人匂わせる人も居ます。ですがこれは絶対に避け無ければならないことです。会社員はあくまでも仲間だからこそ大切にする人が多いのであって、放出され他人になれば突然手の平返しをする人も少なくありません。

 

今まで仲良かった人達も他人となれば問題なく攻撃してくる人も居ます。なかには貴方に関係ない事でも作り上げた話しで誹謗中傷する連中だって存在します。ですが貴方はその数の理論に対抗するすべはありません。数が違います。世の中なんて数がものを言う社会です。数の理論で押しつぶされて、貴方の意見はおかしな発現と処理されてしまいます。だからこそ誰にも言わずに転職しましょう。

 

突然やめる話になるでしょうがそこは上手く立ち回ればいいのです。変に義理だけ通すとしっぺ返しは免れません。何回も言いますが社会とはそういうシステムです。会社を辞める時点で裏切り者扱いは普通です。そんなつもりはサラサラ無いのに人から見るとそんなものです。羨ましいのかも知れませんが・・。絶対に人に話すことは避けましょう。

 

会社規定の退職届出日を守る

当たり前の事ですが会社には退職願を出す際の日数が儲けられています。辞めるまでの引継ぎや、新しい人材の確保などの日数です。これは会社としても避けられないものです。少しでもお世話になっていた、自分の生活の為にお給料を頂いていたならこれは受け入れなければなりません。長くても1〜2ヶ月です。その間我慢さえすれば何の問題も無く退職できます。毒を喰らわば皿まで的に腹を括りましょう。一つ参考にしてもらう事は退職届けと退職願いの法律的違いです。これはご自身でしらべてみて下さい。割と面白い地祇が発見できますよ。

 

まとめ

退職する事は自身には良い事だとしても、会社・社内的には良い事ではないです。だからこそ社内的には内緒に、出来れば家族以外には話さない事がベストです。その上で退職届けの段になれば一つ約束してもらいましょう。受け付けた人意外には誰にも話さない事を。そしてその際にテープレコーダーなどを回す事をお勧めします。貴方がどうして辞めるのかは本人しか分かりせんが作り話はいくらでもできます。だからこそバックアップが一つでも多く必要なのです。現代社会はIT時代ですからとにかく自分を守る為の武装は一つでも多いほうがいいです。円満退職には今回の方法は最低限必要ですよ。参考にして下さい。