就職活動をしていると絶対に自分と向き合うことになります。自分の嫌な面を見て受け入れ、それを長所に変換して企業に伝えるというとても精神的に辛くなる事を毎日しなければなりません。そんな中で企業に受かる為に自分を作ってしまう人がいます。私もその1人です。常に企業のホームページを見て求める人材を調べその人材に合うように面接で話す態度や口調を変えていました。ですが何社も受けるうちに自分はもともとどのような人間なのか分からなくなり、何のために働くのかも分からず精神的に不安定になりました。だから就職活動をする上で大切にしないといけない事は、自分を見失わない事です。自分は絶対にそうはならないと思っていても、想定外のことが起こってしまうのが就職活動です。企業の求める人材になろうと必死に努力をする事は大事ですが、それ以上に自分を追い詰めて自分を繕うのは危険な事なので、常に自分の気持ちを保って就職活動をした方がいいです。企業が求める人材はほとんど同じです。そしてそれは就職してから出来て当たり前と言われる事です。だから自分を作って就職出来たとしても長く続きません。就職活動で受ける企業を探すときに、求める人材と日頃の自然体の自分が一致しているかを確かめるのがとても大切です。